似た様なサイトが多いなら工夫が必要

いくらドメインに工夫しても

ネットがこれだけ発達している時代なのですから、自分が作ろうと思っているサイトも既に先を越されているという可能性だって充分に考えられてしまうことではあります。

特に広告収入を考えている人たちが運営しようとするサイトというのは、どれも似たり寄ったりであるとも言えますので、その中から頭一つ飛び抜ける努力をしなくてはいけません。

どれほど高額な中古ドメインを購入したとしても、内容が陳腐であるのならば、多くの人たちは別にこのサイトじゃなくてもいいや。なんてことを思ってしまうことでしょう。

アクセス数さえ多くなればページの内容なんて気にしなくてもいいと思ってしまっているような人たちもいるかもしれませんが、やはり中身に大きく左右されるのは間違いありません。

どうせ作成するのならば、まだ無名なジャンルの事柄を大きく取り上げたようなものが、当たった時にはリターンも大きいものになるのだと言えることでしょう。


中古ドメイン選択の意味を出す

最近多いのはまとめサイトという存在になっているのですが、これから作成しようと思っているのならば、既にライバルサイトが乱立している状況ですのでアクセス数を稼ぐのは難しいでしょう。

すでに10年間は運営しているというサイトも数多くありますし、既に固定客がたくさんついている状態だということになります。内容が被ってしまうとあらぬ疑いも掛けられてしまいます。

本当に魅力的なサイトを作っていきたいと思っているのならば、模倣ではなくあくまでもオリジナル要素を前面に打ち出したサイトを作っていく必要が出てきてしまうのかもしれませんね。

絶対に一番を取るではなく

既に似たようなジャンルのサイトがたくさんあるというのならば、検索順位で一番になることも難しいことになってしまうので、あくまでも後追いサイトであるという認識をしましょう。

他のサイトはどのようにしてアクセス数を稼いでいるのかを研究して、それを上手く取り入れることによって、それなりに収入を得ることができるページにすることが可能になります。

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫