ページランクを考えると中古ドメインが有利

ページランクについて考える

中古ドメインを購入する理由というのは、簡単にいうと高いページランクのサイトを労せずして入手する為なのですが、このランクというのはどうやって決定されているのでしょうか。

一般的にはバックリンクの数とその質によって決定されているのだと言われていますが、どんなに被リンクが多いオールドドメインを見つけても質が悪ければ意味がないということになります。

たとえば自分でリンクを増やしていこうと思うのならば、たくさんのサイトを用意してからどんどんリンクさせていけば数を水増しできることになるかもしれませんが、そう簡単でもありません。

同じIPアドレスからリンクされているということがバレてしまっているのならば、ページランク引き上げのためのサイトだと判断されてしまいランクが上がることもないでしょう。

なので、中古ドメインを購入する時にもIPアドレスが分散させられているのかということは、しっかりとチェックしておかないと後から痛い目に遭ってしまうこともあるかもしれません。


重要なページだと思われるためには

グーグルからの指標としては、リンクが多く集まっているウェブページはより重要。ということになっていますので、自分でサイトを立ち上げるのならば多くのサイトからリンクを集める必要があります。

しかし、どのようなサイトを作るのかということも大事になるのですが、人々から認知されないようなサイトだとリンクを貼っても意味がないとページの管理者から思われてしまいます。

時間さえ経てばきっとサイトの価値を分かって貰えるはずなのに・・・。と思っているのならば尚更オールドドメインを使用することによって悩みを解決することができるでしょう。

ランクが全てではないけれど

あまりにもページランクを上げることに必死になってしまっていると肝心のサイトの内容がつまらなくなってしまうことも考えられるので、その辺りは注意が必要になってきます。

時にはランクのことだけを気にするのではなく、誰が見ても面白いページを作れているのかどうかということを、第三者目線で判断することも重要になってくるのではないかと言えるでしょう。

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫